おもちゃのサブスクのメリット・デメリットを優しく解説

おもちゃにあまりお金をかけたくないんだけど、おもちゃのサブスクってメリットあるのかな?

こんな悩みに答えます。

 

この記事では、おもちゃのサブスクのメリット、デメリットについて書いています。

 

なにかと「サブスクリプション(サブスク)」という言葉を耳にするようになってきました。

 

おもちゃって、子どもに高価なものを買ってあげたはいいけど、すぐに使わなくなったり、壊れてしまったり、ホントに楽しめてるのってことありますよね?

 

僕も以前はおもちゃを買い与え、数時間でその場にほったらかしで全然遊ばない…

あんなに欲しいって言ってたのに…

結構高い買い物だったのに…

 

と、おもちゃを高額で買っても全然遊んでくれなかった経験があります。

なんだか悲しい気持ちになりますよね。

 

おもちゃ自体には罪はないのですが、やはり高額なものが多いし、すぐに遊ばなくなってしまうことや、壊れて遊べなくなってしまうことが多々あると思います。

 

そのままの状態を続けていると、無駄におもちゃにお金がかかってしまうだけで、出費がかさむのと精神的なダメージだけが残ってしまうだけです。

 

ここで、おもちゃのサブスクの出番!

 

この記事では、おもちゃのサブスクのメリット・デメリットについて解説しているので、おもちゃに無駄な出費を払う必要性が軽減する可能性があります。

 

この記事の内容

・おもちゃのサブスクの仕組みについて解説
・おもちゃのサブスクのメリットについて
・おもちゃのサブスクのデメリットについて
・大手のおもちゃサブスクサービスの紹介

 

この記事を書いてる人

発達系の作業療法士として10年以上経験あり、2児の父親で子育ても悩みつつ毎日試行錯誤しつつ、リハビリでも悩めるパパママの子育て相談に答えています。

 

この記事を読んで、おもちゃのサブスクのメリット・デメリットを理解することで、子ども、親どちらもWinーwinな関係になれるかもしれませんよ。

 

 

おもちゃのサブスク(サブスクリプション)って?

おもちゃのサブスク、メリット・デメリット

そもそもサブスクリプションとは?

サブスクリプションという言葉はよく聞くようになったけど、どんなサービスなの?って方もいるかと思いますので、簡単に説明。

「料金を支払うことで製品やサービスを一定期間利用することができる形式のサービスのことをサブスクリプション(以下サブスク)と言います。

 

おもちゃのサブスクって?

これが、おもちゃのサブスクとなると、

 

「定額料金を支払うことで、定期的におもちゃが家庭に届き、一定期間利用できる。その後、返却をし、違うおもちゃと入れ替えて利用を続けていく。」

 

といった流れのサービス形態が多いです。

 

おもちゃのサブスク、メリット・デメリット

 

おもちゃのサブスクのメリット

おもちゃのサブスク、メリット・デメリット

 

1.定額制
2.おもちゃが増えない
3.おもちゃ選びに困らない
4.知育になる
5.サポートも充実

 

1.定額制

おもちゃのサブスクの最大のメリットであると思われるのが定額制。

おもちゃのサブスクの有名どころの料金をみても、2,000円台前半~3,000円台後半で月々利用ができます。

一日あたりに換算すると、平均約96円程度で利用できるんです!

これは、毎日コンビニでコーヒーや缶ジュースを買うより安い。

 

しかも、1回におもちゃが4~6個程度届く

仮に、某有名メーカーのおもちゃとなると、1つ4~5000円なんて普通ですよね。

毎月4~6個のおもちゃを買っていたら…と思うとお安い!

 

2.おもちゃが増えない

おもちゃのサブスクの基本的な利用の流れとして、使ったおもちゃと引き替えに他のおもちゃが届くシステムになっているため、おもちゃが溜まっていく心配はないです。

 

よっぽど気に入ったおもちゃがあれば、据え置きもできるし、購入してしまうこともできますが、基本的には返品することがメインなので、いつも家の中はスッキリしている状態に保てそうですね。

 

3.おもちゃ選びに困らない

おもちゃ選びに関してもそれほど困ることもなさそうです。

「トイインストラクター」という方達がいるところがあり、利用開始前にアンケートなどでお子さんの年齢や様子、好みなどを確認して、その子の発達具合に合わせたおもちゃや好みに合わせたおもちゃを選んでくれるので、パパママがおもちゃ選びに困ることはなくなりそうです。

 

空いた時間で、お子さんとの有意義な時間に使ったり、自分の時間に使うのもありですね!

 

4.知育になる

発達具合に合わせておもちゃを選んでくれていることもあり、そのままでも十分お子さんのためになっているのですが、届くおもちゃは知育のことも考えられたものが多いので、お子さんの知育を考えているパパママにもGoodじゃないでしょうか。

 

5.サポートも充実

レンタル品って壊れちゃったり傷つけちゃうとまずいんじゃない・・・と思う方も多いかと思いますが、このあたりのサポート体制も整っているところが多い印象です。

 

「お子さんにめいいっぱい遊んで欲しい」といったコンセプトのところもあるため、壊れたり、傷ついた場合の保証料金はだいぶ低めに設定されているようです。

これなら気兼ねなく、お子さんにおもちゃで遊んでもらえますね。

 

さらに、クリーニングなどもしっかりと丁寧にしてくれているため、レンタル品とは言え、きれいな状態で使えそうです。

多少の傷などはあると思われますが、それほど気にならないという方にはメリットも多いですね。

 

 

おもちゃのサブスクのデメリット

おもちゃのサブスク、メリット・デメリット

 

1.途中交換はできない
2.思ってたのと違うこともある
3.交換の手間がかかる
4.使い回し感はある
5.出費が固定される

 

1.途中交換できない

一度届いたおもちゃは、途中交換ができないところが多いです。

あのおもちゃが良かったぁと思っても、1,2ヶ月は我慢しなくちゃいけないことになりかねません。

そのため、最初のおもちゃ選びは慎重にする必要はありそうですね。

 

2.思ってたのと違うこともある

アンケートに答えて、ある程度希望を伝え、トイインストラクターさんにお任せしたはいいものの、いざ届くと、あれ?思ってたのと違う・・・ということにもなりかねません。

 

途中交換ができないことと同様で、最初の段階で慎重におもちゃ選びをする必要はありそうですね。

 

おもちゃを選んでくれて楽な面(メリット)もありますが、あまり頼りすぎていると後で損した気分になってしまうかもしれないので、できるだけ細かな要求をしておくと良いかもしれないですね。

 

3.交換の手間がかかる

やはり借り物なので、自分で購入したおもちゃと違い、ずっとその場においておけるわけではないことが大半です。

 

定期的におもちゃの交換作業をしなくてはいけないので、梱包作業や送り作業は多少手間がかかるところですね。

 

こういった交換の手間がかかるのが嫌という方にはおすすめできません。

 

4.使い回し感はある

ここは、おもちゃのサブスクを利用する上で仕方のない部分になりますが、やはりおもちゃは使い回しをしていることが多いですね。

 

クリーニング作業を丁寧にしてくれているものの、使い回し感があるし、傷などもあることもあるので、新品主義のパパママには気になる部分じゃないでしょうか。

 

5.出費が固定される

定額制が大きなメリットである反面、普段日によってはおもちゃを買わない日もあるため、定期的に料金が発生するサブスクについては、見方によっては、決まった出費になってしまう場合があります。

 

食費や電気料金などのように、料金にばらつきがある場合、節約次第では出費を抑えることができますが、定額制のものになると、決まった出費になってしまうため、購入前によく家計のバランスを考えて利用するようにした方が良さそうですね。

 

 

おもちゃのサブスク、メリット・デメリットまとめ

おもちゃのサブスク、メリット・デメリット

おもちゃのサブスクのメリット・デメリットについてご紹介しました。

 

おもちゃのサブスクメリット

1.定額制
2.おもちゃが増えない
3.おもちゃ選びに困らない
4.知育になる
5.サポートも充実

 

おもちゃのサブスクデメリット

1.途中交換はできない
2.思ってたのと違うこともある
3.交換の手間がかかる
4.使い回し感はある
5.出費が固定される

 

全体を通して、おもちゃのサブスクを利用することはメリットの方が多いように感じますが、利用の仕方や目的についてよく考えてから利用するようにした方が、後々損をすることもないように思えます。

 

定期的なおもちゃの購入費を抑えたい、安い値段で発達にあったおもちゃや知育のできるおもちゃで遊ばせたいというパパママには、とても頼りになるものだと思います。

 

おもちゃのサブスクを利用して、家計にも優しく、片付けの手間も少なく、子どもにめいいっぱい遊ばせてあげられる環境作りを目指すのも良いかもしれませんね。

 

こちらもおすすめ

[word_balloon id="4" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="freehand" balloon_shadow=[…]